震災後初めて香港の花屋さんの店頭に立ってみて...
0
    先週、震災後初めて日本から香港に花を送りました。

    実は、震災直後から放射能の風評と現地の放射能規制による通関の不確実さにより、香港へ鉢物もしくは切花を輸出している3社の商品は一切輸出できない状態が1ヶ月半ほど続いていました。

    このままほとぼりを覚めるのをまつのも一つの選択肢ではありましたが、香港では小さな物日とはいえ母の日があったことから、ここを逃したら夏が終わるまで復活の見込みがたたなくなるという危機感もありました。

    そこで、今回は放射能検査の実施が始まった香港での通関が花で問題なくできるかどうかを試す試験輸送として無償サンプルを送ることにしました。

    鉢物は豊明花きから、切花はなにわ花いちばから先週に入ってすぐに出荷をし、現地で到着確認をするために私と豊明花きの佐々木主任が現地に入りました。

    結果は鉢物、切花ともに無事通関することができ、まずは輸出復活への大きな一歩を踏み出しました。

    豊明花きから香港に到着した鉢物の開梱作業の様子。
    震災後の日本からの花き輸入実績第一号でした。


    サンプルとして送った鉢物については、現地の花屋さんでチャリティー販売が現在行われています。実際に売れた商品本体の卸価格相当については、震災復興のために寄付されることになっています。


    豊明花きから香港に輸出された鉢物のチャリティー販売の様子

    豊明花きから香港に輸出された鉢物のチャリティー販売の様子



    同じくサンプルに送った切花については、鉢物と同様に現地でチャリティー販売されているほか、先週末に開催された有名なドイツ人デザイナーGregor Lersch氏と昨年のワールドカップチャンピオンのStein Are Hansen氏によるデモンストレーションショーとワークショップに日本の花を協賛し、世界のトップデザイナーさんたちに日本の花を率先して使っていただくことができました。

    実際に、デモではすべての作品に日本の花を使っていただき、制作の過程のトークでも毎回日本のスイトピーとか、日本のグロリオーサとか日本産であることを明確に告げながら、美しさと使い方を伝導してくださいました。デモの様子については別ブログで後日ご紹介したいと思います。




    なにわ花いちばから香港輸出された切花のテャリティー販売の様子

    店内のガラス貼りの低温空調売場に陳列されている日本産の切花たち

    店内のガラス貼りの低温空調売場に陳列されている日本産の切花たち

    店内のガラス貼りの低温空調売場に陳列されている日本産の切花たち



    消費者のネガティブな反応も、自ら嫌というほど体験しました。

    現在も現地の小売店の店頭で日本産の鉢物と切花をチャリティー販売していますが、私が転倒に立っている際も美しい日本の花に惹かれてたくさんのお客さんが入ってくるものの、買う手前になって日本産と告げると放射能は大丈夫か?と顔色が陰るお客さんがたくさんいらっしゃいました。


    店の入り口に掲示していただいた『支持日本(Support Japan)』のバナー

    店内には農林水産省の安全性に対するコメントを引用した
    中国語ポスターも掲示。私たちの手作りです。



    農水省の安全性に対するコメントの英語の引用文と中国語に翻訳したチラシを現地に持っていき消費者に配って説明をしましたが、買う直前で放射能に関する安全性について質問された方はほとんど買ってくれませんでした。。。


    ま、このような冷たい反応があっても仕方がないなと思います。
    だって、今まで1ヶ月半以上の長いあいだ私たちも同業他社も、ずっと輸出が止まったまま何のリアクションも起こしていなかったのですから・・・。


    風評被害に対する対策については今回やっと第一歩を踏み出せたばかり。今までずっと輸出が止まっていた事を考えれば、風評被害の回復はこの1回の取り組みで良くなるものではありません。


    今のところ、花を含めた農林水産物の輸出を促進してきた農林水産省でも、花の風評被害に対する具体的な対策プランが発表されているわけでありません。また、花の輸出関係者や生産者で構成される全国団体の全国花き輸出拡大協議会でも、今のところ重要な案件として風評被害について取り上げられることもないようです。

    昨日届いた全国花き輸出拡大協議会の春季セミナーの案内でも、植木のセンチュウ問題が今の花き輸出では最重要課題として位置づけられていました。確かに、花の輸出額の圧倒的多数は植木なので、切花や鉢物の輸出はまだまだ市民権を得られるまでには至っていないのもまた現状・・・。


    だからといって、公的な機関からの支援策が明確化されるまで諦めて立ち止まっていても事態が好転する事はまずありません。たとえ小さなことでも、民間でできるこを継続してポジティブキャンペーンを勧めていく必要があると現地の店頭にたってみて実感しました。


    ちなみに、今回の渡航では豊明花きの佐々木主任も母の日前にもかかわらず自ら香港に乗り込んで店頭に立ちました。そして、予算がないなかで一生懸命ネットで調べて台北経由の3万円ちょっとのチケットを探し出して駆けつけてくれました。ホテルも私が探した香港最安値の狭いホテルに滞在しました。日本のビジネスホテルよりも狭いベッドで疲れもあまり取れませんでしたが・・・。


    そして、私もこれまでに貯めてたマイルを使って無料航空券で渡航(燃料サーチャージは1万ちょっとかかりますが)、今回配ったチラシについても経費削減のために自分でデザインし、ネットで調べて一番安いネット通販の印刷工場でチラシを印刷し、勤務時間中に食べる3度の食事も大衆食堂で1食250円〜300円くらいに抑えました。


    現地店頭では農水省のHPで公開されている日本の花の安全性に関する
    コメントを中国語翻訳したチラシと日本の花のカタログを、香港の友人
    のデザイナーさんに制作してもらったクリアファイルに入れて配布。



    でも、これだけコストを削っても、人が現地に動くとなるとホテル代や現地交通費も含めれば、なんだかんだ言って1人あたり10万円くらいは1回の渡航でかかります。

    そして、一緒に日本から花を送って現地の店頭で展示しながらチラシを配布したり、チャリティー販売をするとなると、さらに1回あたり数十万円の追加負担が必要です。

    それでも、何かアクションを起こさないとアメリカに次ぐ日本の花の輸出相手先であるアジア向けの花の輸出はしぼんでしまう一方という危機的な状況でした・・・。

    そういう意味では、この母の日前のこのタイミングでなにわ花いちばの切花と豊明花きの鉢物が震災後初めて香港に輸出する実証試験輸送を行い、チャリティー販売やイベントを通じてポジティブキャンペーンができたことは大きな意味があったと思います。

    ちなみに、火曜日のフライトで私たち震災後初となる香港向けの花の試験輸送が成功した数日後の木曜の朝には、オークネットから輸出された切花も無事通関されて現地卸に納品されました。

    豊明花き、なにわ花いちばに続いてオークネットから香港花卸に
    無事到着した日本産の切花


    ひとまずは、香港に花を輸出している主力3社がそろって香港向け花き輸出再開の突破口を開けたことは大きな前進ですが、これからも香港への輸出に携わる皆が連携した『オールジャパン体制』で風評対策と再ブランド化をしていく努力を継続していく必要があると思います。


    それぞれが使える予算は小さくても、連携すれば効率的かつ効果的にアクションが出来ると思います。今回のチャリティーやイベントでのチラシ配布のように・・・。

    本当は、野菜や水産物のように国からのサポートが花でも具現化してくればいいのですが、支援策を検討するにも時間がかかるでしょう。国からの支援があるか無いかの結論を待ってから行動するのではなく、できることから一つ一つアクションを起こす事が大切です。

    FACEBOOKを活用するのはタダですし、少なくとも私たちのFACEBOOKファンページには4,400人近くの日本の花のファンが世界に存在するのだから・・・。


    花の輸出に関しては、アジアで風評被害による影響が目立っていますが、悪いニュースばかりでもありません。それはまた別のブログにでも書いてみようと思います。


    よーし、がんばろう!


    【お知らせ】
     日本語版のFACEBOOKファンページ開設しました。
     こちらを クリック してファン登録お願いします☆



    JUGEMテーマ:マーケティング
    JUGEMテーマ:☆香港旅行
    Comment:
    Add a comment:









    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    • サンパウロの相対市場に行ってきました
      ym (10/12)
    • 今日は○○回目の誕生日。そしてFacebookの威力を再確認した日。
      みかん星人 (06/14)
    • 今日は○○回目の誕生日。そしてFacebookの威力を再確認した日。
      みかん星人 (06/09)
    • 今日は○○回目の誕生日。そしてFacebookの威力を再確認した日。
      みかん星人 (06/08)
    • 今日は○○回目の誕生日。そしてFacebookの威力を再確認した日。
      みかん星人 (06/06)
    • 今日は○○回目の誕生日。そしてFacebookの威力を再確認した日。
      みかん星人 (06/06)
    • 今日は○○回目の誕生日。そしてFacebookの威力を再確認した日。
      みかん星人 (06/04)
    • 今日は○○回目の誕生日。そしてFacebookの威力を再確認した日。
      みかん星人 (06/03)
    • 世界のトップデザイナーたちと日本の花の共演 in 香港
      M子 (05/05)
    • 『花き輸出 + ソーシャルネットワーク + マスメディア』の連携の底力!
      源川祐策 (02/08)
    PROFILE
    Find us on Facebook!
    RECOMMENDED LINKS
    br> 【キーワード】ニューヨーク パリ アムステルダム ミラノ ツアー
    Analysis
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.